術後も安心のぺニス増大術

ぺニス増大術は世界的に人気があります。
日本でも専門クリニックで治療を受ける男性が増えています。
ぺニス増大には様々な技術があり、切らない方法と切る方法に分かれます。
ペニスのサイズは男性によって異なります。
元々ペニスのサイズが小さい人もいますが、陰茎部の引き込みが強いためにペニスの一部が体に埋没しているケースもあります。
肥満など体形の変化により下腹部の脂肪が多くなると、ペニスが脂肪で隠れやすくなります。
軽度の仮性包茎の場合、手術を受けることで包茎の状態が改善する人もいます。
ぺニス増大術により、陰茎部の露出状態を理想に近い状態にできます。
特に体形の変化で陰茎が下腹部に埋もれている男性には適しています。
陰茎部に問題があり入浴時に洗いにくいと、汚れが溜まりやすくなります。
汚れが溜まると、デリケートな部位に炎症が起こるリスクが生じます。
若い世代の男性だと、ペニスの見た目が気になる人も多いです。
誰にも相談できずに、悩んでいる人もいます。

ぺニス増大術で自信を取り戻す

ぺニス増大術には切らない方法もあり、他の手術に比べると比較的気軽に受けられます。
切らないぺニス増大術なら、手術の当日からシャワーが可能です。
切るぺニス増大術の場合は翌日からシャワーが可能で、5日程度で湯船にも入れます。
切らないぺニス増大術は、下腹部に埋もれてしまった陰茎部を引き出し、医療用の糸で固定します。
医療用のナイロン糸で固定するので、ペニスの引き込みを改善できます。
下腹部の脂肪がぺニス増大術に影響する場合は、下腹部の脂肪を一部除去する治療もあります。
患者によって個人差がありますが、一般的に2cmから5cmの延長効果が期待できます。
陰茎部の引き込みを抑えられるので、ペニスの見た目も衛生面も良好になります。
専門クリニックなら術後のアフターケアも万全なので、初めての人でも安心してぺニス増大を受けられます。
切らないぺニス増大術の場合、術後にサイズが戻るケースもあります。
糸を留める術式だと、術後に糸がはずれることがあるからです。
その場合は、術後に担当医とよく話し合って適切に対処してもらいます。

まとめ

ぺニス増大術は、若い男性から中高年男性まで幅広く治療を受けられます。
入院の必要がないため、仕事で忙しいサラリーマンでも手術を受けやすいです。
デリケートな陰茎部の手術なので、患者の中には痛みを心配する男性もいます。
ぺニス増大術では麻酔を使うので、痛みの心配はないです。
実績のある専門クリニックには、経験と高度な技術を持つ専門医が在籍しています。
完全個室でプライバシーが守られるので、初めてぺニス増大術を受ける男性でも安心です。