ぺニス増大手術を受ける人がいますが、術後のトラブルなどには注意が必要です。ぺニス増大手術の術後は基本的にトラブルの心配がありませんが、外科手術になるのである程度リスクは覚悟することになるでしょう。

例えば術後に出血したり血腫があり、傷口が開くことはほとんどまれです。このような場合クリニックにおいて適切なアフターフォローを受けることができるので安心です。ぺニス増大手術を受けて何かしらトラブルが発生する場合、血腫除去や再縫合などをきちんと対応してくれます。術後のトラブルにはいくつか特徴的なものがあり、自己ケアの方法によって症状も変わって来ます。

上手にケアしましょう

ぺニス増大手術に挑戦する人は多く、効果を実感したり術後は特にトラブルがなかったという人がほとんどです。数は少ないですが、ぺニス増大手術の術後に何かしら問題を持つ人もいます。例えば手術後の知覚過敏について気にする人が多いですが、一般的に手術した後2~4週間ぐらい徐々にましになっていくでしょう。

知覚過敏を感じる人は少なからずいて、下着とペニスがこすれてしまうと腰が引けるような状態になります。最も症状が現れるは手術した翌日で、それからは次第に改善していくでしょう。ぺニス増大と包茎手術などを一緒に行うことができ、同時に手術する人はたくさんいます。

このような洗浄などを自分で実施するのですが、これらの処置をきちんとしないと化膿するといったリスクが考えられます。手術の前に医師から指導を受けることができるので、手術した後に自宅で洗浄や包帯交換などができるようになり、うまくケアできない場合、通院することが可能です。

ぺニス増大などは美容外科や泌尿器科、メンズ専門クリニックなどを利用することが可能です。クリニックによっては術式や費用、アフターケアなどが異なるので事前に確認することをおすすめします。

次第に新しい形になれます

ぺニス増大を利用すると術後のセックスやマスターベーションが気になるものです。いつからできるようになるか興味がありますが、一般的に手術後の1週間~2週間で行うことができます。治療した患部からの感染を予防のため、治療した後しばらくは性行為を控えることをおすすめします。その後は増大でパワーアップした効果を十分実感することが可能です。

包茎手術を同時に受けた場合、抜糸するまではできるだけ勃起そのものを控えた方が良いでしょう。抜糸した後ペニスのリハビリを行うのが良く、毎日入浴時に積極的に勃起させたりペニスの機能回復につとめることをおすすめします。手術前後ではペニスの形状が変わっているので最初違和感を感じることもありますが、次第に慣れてくるので自分のペニスになります。

勃起することはできるが射精することができないというケースがありますが、そのような場合リラックスしながら練習を繰り返していると無事再開通することが可能です。何度かオナニーが成功してからパートナーとのセックスに進むと安心です。クリニックではアフターケアとして、いくつか軟膏や痛み止め薬が処方されるので、もし痛みが酷いような場合でも安心です。

万が一のトラブルに備えよう

手術を受けた人が気になっていることとして、手術中の痛みや仕上がりがありますが、手術した後のアフターケアも気にあるものです。アフターケアの内容はそれぞれのクリニックで異なることがおおく、気になる人は事前にホームページを確認し電話で問い合わせることをおすすめします。

無料で再診察することが可能なところが多く、万が一トラブルが発生した場合再診察を気軽に受けることが可能です。再診察について無料で行うところが多いですが、手術した先生と別の人が再診察を行うドクターが勤務しているクリニックがあるので注意が必要です。軟膏や痛み止め薬の処方薬は無料になっているところもあり、リーズナブルな価格で利用することができます。

術後のアフターケアがきちんとしているクリニックを選ぶことによって、万が一トラブルがあった時余計な費用などがかからず安心して利用することが可能です。手術は担当する医師により大きな差が出るので、経験が浅い医師や少ない症例のクリニックで治療すると、ペニスがデコボコになったり亀頭がいびつなデザインになるケースが散見されています。メンズ専門クリニックなどを利用すると専門院としてペニスの全体的なバランスを考慮しながら、高度なデザイン注入技術などを活用し重量感のあるデザインに仕上げてくれます。

まとめ

ぺニス増大手術を受ける人は多く、術後のトラブルを心配している人がいます。トラブルの心配は少ないですが、外科手術になるのでリスクがあります。出血したり血腫があったり、傷口が開くことがありますが、適切なアフターフォローを利用することが可能です。

何かしらトラブルが発生するなら、アフターケアがしっかりしているクリニックを事前に調べておくことが必要です。自己ケアにも注意が必要で、医師の指導をきちんと受けることでトラブルを回避することができます。最初は新しい形に戸惑うかもしれませんが、次第に慣れていくでしょう。